近所に自生するオトギリソウを漬けてみました。

立派に自生するオトギリソウ

 先日、セントジョーンズワート=オトギリソウと発覚して、早速、ウキウキしてつけてみました。

ミキサーにかけたものを、ホワイトリカーに。

植物オイルと、ホワイトリカーにそれぞれ少しづつ。

2019.5.25

うーん,,,。

ヒぺリシンが日光と反応して赤くなるはず、なんだけど、、、

2019.6.12

少しだけ赤くなった?でも、想像より変色しない。
なぜ?

 どうやらオトギリソウといっても250-300種類あるらしく、今回採取したものはビヨウヤナギというオトギリソウ科の植物だったようす。
 西洋オトギリソウだと思っていたので、ヒぺリシン含有量が異なるのかな、と思ったり。
 でも、ビヨウヤナギ(美容柳)というからには、何かしら美容にいいのかしら、と思ってみたり(笑)タンニン豊富?

 今回はセントジョーンズワートオイルまでは届きませんでしたが、私、やはり植物について学ぶことは楽しい♡いい勉強になりました。

 大人になってからも新しいことを学ぶことは本当に楽しい!子供にも学ぶことはとても楽しいことだと、体感してほしいな。
  気になったoneワードから世界がどんどん広がることをぜひ体験してほしいと願います。

香りある暮らしでこころも体も健やかに。
ココロコアロマ
YUKIE


ゆるぎの春にちょうどいいを。


 まだまだ風も冷たくて、体調管理が難しい春。でも、日差しは確実に春に変化していて、街中でも花の香りがあちらこちらで立つように。

 春は体もさることながら、気持ちも揺らぎます。

 そこをちょっと助けてくれるアロマテラピー。

 先月、たんまり買い込んだアロマグッズを見てはうっとり。そして、キャリアオイルや精油、フラワーウォーターなどをくるくる混ぜ混ぜ。基礎化粧はもっぱらこんな感じで自分で作る事が多くなってきました。

 春先、私が好きな香りはサイプレス、ジュニパー、ローズマリー。

 ちょっと引き締める効果があると言われていたり、浄化、デトックスがキーワードになるものを好んで選んでしまいます。

 一方、芳香浴は少し甘めの花の香りを焚いたり。

 バランスをとっているのかな。

 アロマテラピーは、足りないところをちょっと補うのにちょうどいい。

 今日も自分にとってちょうどいい、を見つけられますように。

香りある暮らしでこころも体も健やかに。
ココロコアロマ
雪絵


肌の休息日。

昨日の記事に引き続き、坂田まことさんコンセプト、「私ファンデーション卒業しました。」に感化され、今日は一日ファンデーションなしで過ごしています。

最近、エイジングケアと共に毛穴の開きが気になってきたところでした。

そこに不純物(化学的薬品とか、石油とか)を塗りこむのに少々ためらいがあったのです。

もともとお化粧はマメにできないタイプなので、こりゃ一石二鳥、いや三鳥くらいいいのではないかと。・・・ただのずぼらさん?

植物オイル、化粧水、アイブロウ、チーク、口紅だけ。

ただ、もうアラフォー世代なので、たしなみもそれなりに必要かと思いますので、社交場に出ない日は、肌の休息日、と思って。

 

いつもより顔が軽い(笑)

と足も軽くなり、用事をサクサクっとこなしてきました。

幼稚園児の送迎にもこのまま行こうと思います(笑)

 

香りある暮らしでこころも体も健やかに。

ココロコアロマ

雪絵