緊張の毎日の中で。

私が香りの世界に興味を持ったきっかけ。

 

常に緊張が続く職場。

まだまだ新人で、経験が少ない私にとっては大変だった。

 

大学病院のCCU(冠疾患集中治療室)勤務。

急変も多々あり、

生死を彷徨っているほどの患者のケア。

一時間に数ミリリットル単位で輸液されているカテコラミン系。

人工呼吸器、透析、IABP、CAPC

ベッドに横になっている体を数度傾けるのにも気をはる状態。

血圧60代の世界。

本当に続く緊張状態。

命をつなぐために。

 

不規則な時間勤務のため、自分自身の睡眠コントロールのために眠剤を服用する先輩もいた。

人の死に立ち会うこと。

正直、こころの中で「なんとか勤務中乗り切れますように。」と願ったことは数知れない。

看取りに会いたくなかった。

 

看取りに会うたびに、無力さを感じ、「私はこの人に何ができたのか、もっとできることがあったんだろうか、」と心が疲れ果てる。

 

そして、仕事のストレスを払拭するかのように、何か趣味に打ち込む。

 

こういったこと、医療従事者の方は経験多いはず。

 

 

これって、結局、自分自身の心のバランスをとっている行為なのでは、と最近になって考え始めました。

大学病院という、無機質な空間、だったからこそ、「臭い、香り」など、五感のうちで、もっとも原始的な、人間味溢れていて、直感と関わる「香り」に魅かれたのかもしれない、なと。

 

 

 

病院の中にいても、朝が来て、明るくなってきて、日常が始まるとほっとしたこと。

 

 

ふと、働いている時のことを思い出して。

 

 

香りある暮らしで、こころも体も健やかに。

ココロコアロマ

福田 雪絵

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中