妊娠後期のトラブル 自然療法で何とかしてみる むくみ編①食事

自然療法で健やかな産活中♡

妊娠後期、赤ちゃんはどんどん大きくなり、この間34週の検診時、推定2500g っ!?

母体は2人分の血液循環をこなしています。

体内の血液量、水分量の増加に伴い、血液を濾している肝臓、腎臓への負荷もアップ。

大きなお腹は鼠径のリンパの流れを滞らせ、そりゃ出てきます、特に足のむくみやら吊りやら。

指輪もきつくなって抜けない?

自分で、水分が滞っているなと感じているのになかなか排出できないと日々悩む時期。

週1回、産院でのアドバイスと、自分のできる少しのことを実践しています。

 

まずは食事から。

 

★食事

塩分を控えめにする。→すだち、かぼす(大分名物、九州で安価!)、ポン酢をよく取り入れてます。

利尿効果の高い食べものを意識的に取り入れる。

夏はスイカがおいしかったけれど、秋冬は?

 

小豆、小豆茶(小豆を煮出して作る)

IMG_9864

レモングラスティー(利尿、胃腸強壮作用)←お腹に張りなどある時は注意してくださいね。

写真 3

あと、酸味、香りの強い野菜や果物をとる→グレープフルーツ、ミカン、セロリ、パセリ、三つ葉、春菊など

IMG_9945

実践して2~3週間、確かに指輪のはまり感、楽になったかも。

毎日少しだけ意識するだけでも違うかもしれませんよ♡

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中